2018年02月14日

金持ちになろう!!

金持ちと貧乏人の考え方とは?


90b14de56af80f5c80c3a0d44732cdbe_s.jpg

金持ちの考え方と貧乏人の考え方の違いを簡単に言ってしまえば、お金持ちはお金を増やすことを考えて、貧乏人はただお金を使うことだけしか考えていないからです。多くのお金持ちの人々も始めから、お金持ちではなく、自分の成長のための自己投資をし、先を見据えて人より必死で努力してきたのです。

貧乏人は『自分には才能がない』と最初から諦めて、ただ単にお金を稼ぐために仕事をし、やりたくもない仕事を我慢しながら嫌々こなしていると思います。

今からでも遅くありません。普段のちょっとしたことを改善していき、金持ちの考え方になってみましょう。


お金持ち思考法


2bae179f8d10b2bce784f4fb4962a5e3_s.jpg

貧乏人は、仮に運よく投資や宝くじで大金を手に入れたとしても、貧乏脳を金持ち脳に転換しない限り、すぐ貧乏に逆戻りしてしまうでしょう。

しかし、金持ち脳を持っていれば、仮に事業に失敗して一時的に貧乏になってしまっても、すぐにお金もちになることができるでしょう。

貧乏脳な人ほど、すぐ結果を求めて利益を得ようとしたり、目先のお金が欲しいと思いがちだが、大切なのは、目先の50万円をもらうより5年10年後に1000万円稼ぐことに目を向けれるかどうかです。

お金持ちと貧乏人のターニングポイント


d91276f9b9c644a8641fc433dad1d9c9_s.jpg


お金持ちと貧乏人の発想はまったく異なっているでしょう。みんなと違う発想やアイデアをもっているからこそ、それを成し遂げたときの報酬が多額になり、お金持ちになるわけですが、他の人と違う発想を持つということはリスクがあるのも事実です。

貧乏脳は、何よりも先に自己欲求を満たすことで満足してしまっているのです。『自分はこれで満足だ』『普通が一番』などといった発想でお金が欲しいと思っても一生なれません。

サラリーマン生活が徐々に心地よくなるという『麻酔』のような感覚を打ち破って新たなチャレンジを考えることができるかが、お金持ちになるための最初のターニングポイントでしょう。

お金持ちの発想力を身につけるには、いかに考え方を柔軟にできるかがカギ!!

お金を生み出す人間関係


fb99ed8da30c92a9546d9f740d7ab7e0_s.jpg

まず、『お金は人間関係を目に見えるようにしたものってご存知ですか?』つまり、人間関係が充実している人にはお金も集まってくるということですが、人との交流、人間関係の構築はある意味では投資であり。人間関係にお金を惜しむような人は、決してお金持ちにはなれないでしょう。

もし本気でお金持ちになりたいと思うのであれば、これまでの人間関係を見直す必要があります。今、あなたとつきあっている仲間があなたにとって有益か知る必要があります。お金持ちになるということは自分一人で成し遂げれることではなく、最良のパートナーがいたりプロフェッショナルな人物や応援してくれる人たちのサポートがあってこそ、成功を勝ち取ることができるといえるでしょう。

一流の成功者やお金持ちは、人間関係に使うお金がいずれ自分に跳ね返ってくることを知っている

posted by HIDE at 04:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | お金の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする