2018年01月21日

5分なんて楽勝[話し方のルール]一話

9fcc63072948d39fc107bb56a4bea705_s.jpg
みなさんは会話の途中にこんな悩みをお持ちですか?『次の言葉が出てこない』『知らない話題だとついていけない』『沈黙から抜け出せない』『盛り上がるネタがない』会話は人間関係を築く上で欠かせないものですね。

まずは聞く力から手に入れよう


0b17695f7b92eb78935413758b207b32_s.jpg

会話は言葉のキャッチボールではなく気持ちのキャッチボール!!話し方のテクニック以前に、この基本はわすれないように。どんな人でも気持ちを聞いて欲しいと思います。聞いてもらえるだけで相手に好感をもってもらえるでしょう。

聞くと言うのは単に相手の言っていることを理解することでありません。

悪い話の聞き方

『相手』会社辞めたいんだよな〜。
G『自分』俺も辞めたいと思ったときがあるよ、取引先で大きなミスしちゃってさ〜

これではうまくいきません。なぜなら、相手は自分の悩み[気持ち]を話たかったのに、こちらが話題を奪ってしまったために、自分の話ができなくなってしまったからです。こうした相手の気持ちに気付かないと、その人の話したいと言う気持ちも失せてしまい、話も盛り上がらないでしょう。

いい話の聞き方

『相手』会社辞めたいんだよな〜。

G『自分』会社を辞めたい?なんかあったの?やめてどうするの?

相手の話したい気持ちに焦点をあてます。たとえば辞めたいぐらい嫌なことがあったんだ。それはしんどいよね。などと気持ちをくみ取る言葉を投げかけると、相手は自分の気持ちをわかってくれる人が喜びで話は加速するでしょう。

他人の注目を集める話題より人の気持ちに注目してください。それは誰もが待ち望んでいる状態です。それが上手くいけば話がはずむだけでなく相手の好意や信頼関係も手にできるはずです。

聞く姿勢


882132.jpg


あなたが自分の話を熱心にしているとき、相手のあいづちがなかったり無表情で聞かれていたらどうおもいますか?人が話しをするとき、聞きてに求めているのは『反応』です。無反応だとあなたの話に興味はないと否定的に受け取られる可能性が高いです。

あなたはちゃんと『聞いています』というサインを送っていますか?聞き上手は、うなずき方ひとつでも話し相手の気持ちの変化に合わせて、ゆっくりうなずいたり強く短くうなずいたりとちゃんと変化をつけています。これが話し手からみると、すごく熱心に聞いてもらえたと感じがします。

相手がわかってほしいところとは?


相手の表情や声のトーンをチェック

相手
『私、今年は5回も花火見に行きまして』
自分
『ほ〜花火ですか〜』

いかにもうまく共感できているように見えますが、これでは話がはずみません。なぜなら、話しては『5回』というところに共感してもらいたかったからです。話を聞くときは、話し手の声のトーンやしぐさ、表情などきめ細かく観察しながら、話し手はいったいどこをわかってほしいのかを感じる必要があります。

『観察するポイント』
表情
★明るくイキイキしている
★ちょっと暗い感じ
★表情がかたく緊張気味
声のトーン
★大きな声で、聞いて欲しそうな感じ
★声が小さく元気がない感じ
★話すスピードが速く興奮している感じ
★ゆっくり落ち着いてる感じ
身振り
★ゼスチャーが多く楽しそうな感じ
★動作が小さく消極的な感じ

話し手の声のトーンや表情、身振りなどから、どの部分に一番力が入っているのかを感じとろう。

続きは二話で

posted by HIDE at 19:14 | 東京 ☀ | Comment(0) | 話術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする